お金を借りる

確実にキャッシングを成功するには柔軟審査の融資先を選ぶことです

違法業者に遭わないように、ご自分の借り入れ状況にあった融資先を選んでください。

キャッシングの前のチェック事項

一度金融業者からキャッシングをしてしまえば、その時点から返済の義務が発生し、元金と金利を
支払っていかなければなりません。したがって、お金を借りる前に今一度以下の項目について点検
をしてみましょう。

  • 親兄弟、知人からの借り入れは不可能ですか?
  • 返済の目途はありますか?
  • 借金の返済のための借入ではないですか?
  • 二進も三進もいかなくなっていませんか?

お金を借りるにしても、親兄弟や知人から借りれるのならそれに越したことはありません。しかし
、なかなかそうもいかないのがこのご時世で、人に迷惑をかけることは回避したいのが人情です。
誰に迷惑をかけることなく、貸金業者を利用する人が圧倒的に多いのが現実です。

しかし、借り過ぎによって多重債務に陥ってしまうと、なかなか自力で這い上がることは容易では
ありません。生活のすべてを切り詰めても、金利を支払うのがやっとの状態で、元金を減らすとこ
ろまでは一向に追いつかないはずです。そうなってくると、永遠に金利を支払い続けていくことに
なります。

消費者金融にとったら、そういった金利のみを支払ってくれる顧客こそが最上級の顧客ということ
になりますが、借りている側にとったらたまったものじゃありません。

0お勧めキャッシングはコチラ
金融一覧

審査の甘さで選ばないこと

借入件数が増えてくると、審査に通る金融会社の数も限られてきます。そうなってくると、条件を
度外視して借りれるところなら何所でもよいと思考するようになってきます。

審査基準の甘さをバロメーターにして借入先を考えてしまうと、行きつく先はヤミ金融などの違法
業者になってしまいます。彼らは借入先に困っている複数借入者を専門にしていることから、借り
れる可能性は高いと思いますが、借りた後が大変になってきます。

違法な高金利や取り立て行為を覚悟しなくてはなりません。一番ベストな選択は、そういった違法業者とはかかわらないことです。

金融業者の選び方

  • 可能な限り低金利が望ましい(上限金利以下が条件)
  • 貸金業登録をしている正規の金融業者
  • ガラの悪い店員がいる店舗は回避
  • クレジットカードを使った現金化などはしないこと

0


可能な限り低金利で借りる

審査が甘いからと簡単にキャッシングをしてしまっては損をすることになります。最低でも三社の金融業者を比較してから借りましょう。比較のポイントは金利です。0.1%でも利息が低い業者を選ぶべきです。

借入額が少額ですとそれほど金利は気になりませんが、借入額が50万円を越えると利息が重く圧し掛かってきます。100万円を超えると元金の支払いには覚束なくなってしまい、金利のみを支払い続けることとなるでしょう。

そうなってくると、元金は一向に減らないので、一生金利のみを支払うこととなってしまい、元の生活に戻ることは困難になることは自明です。そのような借金地獄に陥らないためにも、少しでも支払いが楽な低金利の金融商品を利用すべきなのです。

最終更新日 2019/5/19